子供

リーディングNO.1371 13歳 女の子 脳の発達障害 神経系の不協調

[リーディングNO.1371]の病歴

13歳の女の子  脳の発達障害 神経系の不協調

 

1回目のリーディング

彼女の脳の問題は何ですか?
症状は百日咳後の激しいけいれんによって引き起こされましたか?
脳を発達させるために何かできますか?
小さな子供よりも発話を改善しますか?
母親へのアドバイスは何ですか?
両親

 

あなたはこれからこの人の体を注意深く徹底的に調べ、現時点であなたが見出す状態を私に知らせます。現在の状態をもたらしている原因を述べ、この人を助け治癒をもたらすアドバイスを与えます。私が行う質問にあなたは答えます。
グラディス
ケイシー
よろしい、われわれはここにこの人[1371]を捉えた。
さて、われわれの見るところ、この体の全体の肉体的状態は非常に良好である。
ケイシー

われわれの見るところ、これらは存在している圧迫からの、この人の精神的諸力の発達と正常な流れを妨げる腰部の傷害である。
  圧迫の性質から、感覚系諸器官に協調障害も存在する。
さらにまた、われわれが語っているこの体[1371]に見出す状態とは次の通りである。
ケイシー
血液供給に関して、われわれが見出すこれはほぼ正常である、またこの体の肉体組織の発達はほぼ正常である
ケイシー

神経系に関して、ここでわれわれは障害の根底あるいは原因、あるいは諸々の(刺激に対する生体の)反応が発達していないのを見出す;つまり、病変は脳の力そのものよりもむしろ神経系にある。
 それ故、副腎を通じての活動から脳の基底部にある腺の諸力に神経インパルスがあるとき、ライデン(腺)[ライディッヒ(*)]においてと延髄を通じての、圧迫あるいは――それらの神経インパルスを受ける感覚器官の諸力から脳脊髄系の諸々の分枝に現れている――協調障害が、これらの活動に発達障害を引き起こしている。

*(訳註: [Leydig:ライディッヒ]、男性の場合は、精巣のライディッヒ間質細胞(腺)であるが、女性の場合は、卵巣の間質細胞(間質腺)ではないかと思われる)

(ライディッヒ細胞は、精巣の精細管の付近に認められる細胞。ライディッヒの間質細胞とも呼ばれる。ライディッヒ細胞はテストステロンを放出することが可能であり、神経と密接な関係がある。ライディッヒ細胞は小嚢に囲まれた核と顆粒状の好酸性細胞質を持つ。[ウィキペディア])

ケイシー
それ故、上部腰椎と第12胸椎に、分娩時の胎位の状況によって生じた圧迫をわれわれは見出す;方向転換(最初に欠陥胎位であったため)のために、主にリンパ循環に影響を及ぼした状態が、もっと後の成長で、上部腰椎および協調的に一体となって働く――交感神経系あるいは植物神経系(自律神経系)の協調障害をもたらす――下部頸椎領域に傷害を作り出す圧迫が生じたのだ。
10
それで、身体組織に反応を起こさせる脳から受けるような神経インパルスの流れを妨害するものによって、かなり成長が遅れていたり、あるいは成長していない;これが正常な発達を妨げているのだ。
ケイシー
なぜなら、長期にわたって存在していて、この体の生殖力の発達とそれらの排泄期間に、感覚系からの自然な神経インパルスで起こる諸々の変化がすでに始まっているからだ、その後これらは侮れない多くの重篤な障害をもたらすのだ。

 しかしそれでも、われわれの見るところ、辛抱強さ、根気強さ、観念の諸力(状況の視覚化や映像化に関する観念を促す能力)のほかにこの体の潜在意識の力がもっと感受性が強くなるときの暗示的諸力によって造り出される神経インパルスに対する手当てで、われわれはこの体のために諸力を正常近くに回復させることができるかもしれないのだ。

ケイシー
それ故、次の周期の期間が来るとき、あるいは17歳から18歳で、――もしわれわれがここで与えるであろうこれらの提言の一貫した治療があるなら――正常近くに成長するのをわれわれは見出すであろう;しかも、急速な成長は考慮に入れなければならないし、またその期間の一部の間は過度な負担をかけてはならない。

 諸器官そのものの機能に関して、これまで示してきたように、これらはほぼ正常である。というのは、妨げられた神経インパルスは、われわれの見るところ、すでに示したように、この体の諸神経系と、副腎からの腺の力の活動からの歪みと、脳中枢からの反射に成長を提供するようなこれらの活動と関係しているからだ。

ケイシー
これらが様々な時に感覚系の他の諸器官の部分を害したものは、それほど顕著になっていないが、視力が影響を受けている期間がこれまであった、さらに聴力と、音、色を識別する能力、触れて識別する能力、感覚から正常な反射を識別する能力もだ;今のところ、諸々の変化が現れているように、これらはいくらか改善されている。
ケイシー
それ故、われわれの見るところ、初めのうちは:

この体の波動の諸力の協調をもたらすであろう基本的諸力の治療を通じて、われわれは――諸々の状態が発現するので――短い期間、時々電気的波動の形態での強い深部治療へと変更させる必要があるのを見出すであろう。

 しかし、現在のところ、初めに、――もし助けたいと思うなら――ごく微弱な形態のこれらの波動(治療)を行わなければならない;つまり、神経物質(灰白質(gray matter)、白質(white matter)のことか??)そのものについては、形成されたような諸々の損傷を克服するだけでなく適切なインパルスを備えている諸々の神経インパルスの流れをもたらすために為される治療で助けることができるだろう。

ケイシー
では、なぜかと言うと、目覚めつつ発達しつつある人で、並外れた精神反応があるときには不安を感じるようにならないをわれわれは見出すからだ;ただし、この体をできる限り安静に保つこと、さらにそのようなわずかな期間中ずっと心に浮かぶ限りの快適な環境に保つことだ。

 それ故、われわれの見るところ、これらは諸々の変化がもたらされるにつれて、順調な発達あるいは正常な発達になるであろうし、そうなることを期待されるのが望ましい。

ケイシー
それから、最初に、腰椎と下部胸椎領域にわたって、非常に温かくした(この体が十分耐えられるだけ熱くした)ひまし油湿布をこの人が床に就く準備ができているときに、3日か4日の期間毎晩当てるようにすることから始めること。フランネルは3重から5重にするのが望ましい。その後、薄い重炭酸ソーダ(重曹)溶液でこの体をぬぐい、すぐに以下の化合物でマッサージすること。
ケイシー
基剤としてのシダーウッドオイル2オンスに対して、名を挙げた順に加えること:
   ウインターグリーンオイル(冬緑油)・・・1/2 オンス、
   ロシア白油・・・1 オンス、
   サッサフラス油・・・1/4オンス。
これらは分離するだろうが、それらはパックが当てられる領域にわたってマッサージされる前に混ぜ合わせること。
ケイシー
湿布を3日から5日間使用し、3日から5日止め、その後再び始めること。毎晩、よろしいかな、3日から5日間である。もし3日なら、3日止め、もし5日なら、5日止めること。それから再び始めること。

 湿布の3周期目の後、――同じの性質の湿布――をちょうど両肩の間の領域にわたっても当てるようにし、さらに第3と第4頸<<中枢(センター)>>まで拡張すること。さらにまたこの領域は、腰部に行うような同じオイルの化合物で、その後マッサージも行うこととする。

ケイシー
まず塩化金をもたらすウエットセル装置による低い電気的諸力の使用から始めること。これを28日間受けた後は、さらにまた再充電すること。金溶液の割合は、1オンスの蒸留水に3グレーンとする。装着は以下の方法で行うこととする――両プレートあるいは接触部を非常にきれいに保つこと、また完全に接触させるのだが、絞めつけてはならない:
26
小さいアプリケーターは最初に第1と第2腰<<中枢(センター)>>に貼り付けることとする;さらに大きい方のアプリケーターは――金溶液を通過させ――最後に乳び管と<<臍中枢(アンビリカスセンター)>>あるいは臍の中心から右側にあくまでも一直線に3横指分のところに貼り付けることとする。
ケイシー
この治療は28日間毎日30分間次のような方法で行うこととする。その後1週間止め、また――休止の週の期間ずっとウエットセル(湿電池)装置を再充電して、溶液を変更して――再び始めることする、よろしいかな?
ケイシー
塩化金溶液は1オンスの蒸留水に1グレーンの割合にすることとする。

臭化ナトリウム溶液は1オンスの蒸留水に3グレーンの割合にすることとする。

これらの溶液は別々に保管すること。それぞれ服用しようとする時だけ1回分の服用量を混ぜ合わせること。

服用量は、15日間毎日、グラス半分の水あるいは小さなグラスの水に金溶液1ミニムと重炭酸ソーダ(重曹)溶液2ミニムとする、その後5日間止め、それからさらに15日間服用し、以下同様とする。

ケイシー
なぜかと言うと、この体の活動にそれらの心配の期間があり、さらに精神的諸力の激しい反応が不安を感じるようにならないからだ;しかし、これまで述べてきたように、体を安静に保つこと、諸々のそのような反応のある間はできる限り快適な環境を保つことだ。というのは、もしここでの提言が忠実に守られるのであれば、この体のために正常な諸力をもたらすことができるからだ。

6カ月後、われわれはこれらの治療の一部を変更するものとする。
35

ケイシー
質問を受け付ける。
精神科医が主張するように、彼女の脳が発達するにつれて、あるいはもし彼女の脳が発達するとしたら、彼女の話す能力が発達するということは本当ですか?
グラディス
ケイシー
これは、もちろん、本当だ;なぜなら、これまで述べてきたように、まずわれわれはオイルの治療と<<擦るマッサージ(ラブ)>>によって障害を解消すること。それから神経系からのそれらの神経インパルスを受ける感覚の諸力から、諸々の領域の障害が解消し始めるからだ、よろしいかな。つまり、話す能力、聴力、視力、声を出す感覚だ。それ故、これらが発達し諸々の状態が解消されるにつれて、脳の諸力は順調に発達するだろう。それは発達を妨げられているのだ。障害は神経系にあり、――いくつか示唆してきたように――脳ではない。
ドクターが述べているように、彼女の脳は決して6歳の子供以上に発達しないというのは本当ですか?
グラディス
ケイシー
これまでわれわれは何について話をしてきたのだ? それを受け入れるか、それを放っておくかのどちらかだ!
ケイシー
これで終わる。

次のページへ >

-子供

Copyright© 佐藤均整指導所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.