ホームセラピー

リンゴ酢と塩の湿布

こんな方におすすめ!

  • 急性・慢性の筋肉痛
  • 肩こり・腰痛がある
  • 膝の腫れや痛みがある
  • 足の捻挫を繰り返す
  • よく筋違いを起こす

効 用

このリンゴ酢と塩を混ぜた溶液は、ヨーロッパで昔から行われている家庭療法で、マッサージや湿布として使います。
様々な関節炎、膝の腫れ、腰痛、肩こり、筋違い、足の痛みを取り除く効果があります。

用意するもの

  • 純粋なリンゴ酢(スーパーなどで販売されている物)
  • 塩(できれば租塩)
  • ガーゼ(湿布の場合のみ使用します)

使い方

膝関節炎

①   リンゴ酢と塩を2:1の割合で混ぜ合わせます。

②   この溶液を、痛みのある関節の周りにすり込みます。(痛い部分だけでなく、膝裏など広い範囲まで)また、軽くマッサージをしながら、すり込むとより効果的です。

 

重症の腫れを伴う膝関節炎や慢性腰痛の場合は

①   ガーゼを数枚重ねるか、厚手の布に溶液を浸して軽く絞り、患部にあてがいます。

②     蒸発を防ぎ固定するためにビニールかラップで全周をカバーして外れないようにします。そのまま4~5時間湿布します。これを毎日続けます。※時間帯はい つでもOKです。

 

足の疲れや痛みの場合は

足の裏やアキレス腱、膝裏をマッサージしながら、よく擦り込むと効果的です。

※塩は完全に溶け切りませんが、そのまますり込んでください。
※リンゴ酢の匂いは結構強く感じますので、気になるようでしたら換気扇で換気しましょう。
※どの症状も、足湯と一緒に続けると、下肢の血液循環が良くなり、良い効果が期待できます。ぜひ同時に試してみてください。

 

 

 

ココに注意

  •  傷のあるところには絶対に使わないで下さい。敏感肌の方は、パッチテストを(少量を塗って半日様子を見る)行って下さい。
  • 肌にヒリヒリした感じがでたら1日休ませて続けてみてください。
  • 最初は少し痛む場合もありますが、その場合は1日おきに続けてください。
  • 手間を惜しまず、毎回使う量だけ作って下さい。 
  • 各湿布は使用方法と注意事項をよく理解したうえで、各自の責任の上で行ってください。万が一体調に変化があった場合は医療機関にご相談ください。


2020/2/17

食育のレシピ

第1章 食事編 私たちの身体は、毎日の食事から摂り入れるもので構成されています。  このところの「食育」への関心が高まっている背景には、食事に対する偏った情報が溢れて、本当に身体にとって何が大切なのかを忘れてしまっている方もいます。何より、食事の内容によって精神へも影響を及ぼすことは明白です。当然のことですが、長い間の偏った食事は、病気へのアプローチとなることにも…。  今回、体質改善を実践するあなたにとって、毎日の食事を根底から見直してみるということは、とても大切な作業です。  私たちは、つい≪感情≫や ...

ReadMore

2020/2/14

ケイシー療法(エドガー・ケイシーとは)

エドガー・ケイシーとは エドガー・ケイシー(1877~1945)は、今世紀前半に米国で活躍した人物で、目覚めている時は写真業を営む敬虔なクリスチャンでありながら、催眠状態に入ると超人的な能力を発揮し、あらゆる難病に対して診断と治療法を与えることができたり、あるいは魂の記録(アカシックレコード)を読んで、依頼者の長所や短所、才能や弱点などを過去生をもとに解き明かすことができました。   実際、エドガー・ケイシーには解答不可能な領域はなかったようで、科学者には科学上のアドバイスを、政治家には高い政治理念を、そ ...

ReadMore

2020/2/12

焦がした樫樽の吸引

こんな方におすすめ! 結核・肺炎に 気管支炎・喘息に 肺線維症・肺癌切除後の予後・肋膜炎に 風邪の予防に 効 用 お酒を熟成させる樫(オーク)で作られた樽に、アップルブランデーを6割位入れ、その樽の上部の空間にある揮発性の蒸気を吸入することで、呼吸器疾患全般に効果があります。主に慢性の喘息、結核と肋膜炎などにお勧めです。  樫樽は、内面を焦がしているもの。お酒はアップルブランデー(リンゴ酒)だけに効果があり、アルコールの度数40~50度(%)の物を使用します。 ※吸引目的で、飲用には使用しません。 OLY ...

ReadMore

2020/2/12

ひまし油の湿布

こんな方におすすめ! 慢性疾患に悩んでいる 体質を改善したい デトックスしたい 慢性便秘に 健康維持と若返りに 効 用 この湿布は、ヒマシ油をフランネルに浸し、肝臓の上に温湿布することにより、ヒマシ油を皮膚より吸収させ、リンパ管を通じて体内の不要な物質や毒素を体外に排泄させる目的で行います。体内毒素排泄のためのクリーナーの働きを持つ湿布です。  ヒマシ油は、リシノール酸という性質を持つ油で体内では分解する酵素を持ち合わせていません。分解出来ないので、体は体外へ出そうとします。その流れは、まず皮膚から吸収さ ...

ReadMore

2020/2/12

ビーフジュースの作り方

こんな方におすすめ! 慢性疲労症候群に悩んでいる 虚弱体質の改善に 病中・病後の体力の回復に 術後や抗がん剤の副作用からの回復に 効 用 いつも疲れやすい慢性疲労や風邪や発熱を繰り返す方、病中、病後で体力が落ちている人に特にお勧めの滋養強壮のレシピです。出来上がったビーフジュース大さじ1杯で、1日に500gから1kgの肉を食べたときと同様の活力を身体に与えます。 用意するもの 材料 牛肉のブロック(赤身/できるだけ脂身の少ない部位) 500g 耐熱ガラスのポット(コーヒーポットでよい) 深鍋(ガラスポット ...

ReadMore

もっと詳しく

-ホームセラピー

Copyright© 佐藤均整指導所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.